店長力 > 競合
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験とともに
お店をやっている人、また、お店で働いている人なら、一度は、他のお店に入ったときに、

「この店はどこが良い」
「この店はどこが悪い」

というふうに「評価」したことがあるでしょう。

私も経験がありますが、特に、働き始めて間もない頃には、今まで特に意識もせずに利用してきたお店を違った角度から見る目ができてくるので、新鮮に思えます。自然に売り場とか、スタッフさんの動きに目が行くものです。

たとえば、他人のお店なのに、陳列が乱れていると思わず並べ直したり、店員さんが元気よく「いらっしゃいませ!」と言っているのにつられて思わず声が出てしまった、というような経験は、けっこうあるようです。

ところが、そういう時期はすぐに過ぎて、経験とともに、自分が働いているお店と、他のお店を比較しても仕方がないという考えに傾いてゆくことが多いと思います。それは、ひとつにはお店にはそれぞれ内部で抱えている資源に差があり、事情も異なるということが見えてくるからです。要するに、表面的な差に注目するだけでは何ら改善されない、という一種の信仰が生まれるのです。

また、いつの間にか「売る側の目線」でお店を見ることに慣れてしまいます。それは良い面もあるのですが、時には「お店の都合を優先して考えるクセ」というデメリットも生みます。

このようなわけで、放っておくと、

「他人の店の真似ばかりしてもしょうがない」
「他人と比較する前に、まずやらなければならないことがたくさんある」
「まず、当たり前のことを当たり前にできなければ、競合調査などしても仕方がない」

という発想になっていきます。確かに、一理あるのですが、本当に考えるべき点は、

「ストアコンパリゾンが役に立つかどうか」

ということではなく、

「自店がストアコンパリゾンの効果を享受できる段階にあるかどうか」

ということのほうではないでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。