店長力 > 心構え
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導する人の心理
そもそも、真剣に仕事している人ほど、自分の後に後輩や新人が入ってきたら

「自分の知っていることは教えてあげたい」
「できることなら指導してあげたい」

と思うのがふつうだ。純粋に好意で、という面もあるが、同時に、周囲との関わり方が自分の仕事の価値を左右するということを知っているからだ。自分が真剣に仕事しようと思っている人ならば、ごく自然にそういう面に目が行くことになる。

ただ、そういう人は同時に、

「教わることを拒絶する」人が多い

ということも知っている。そんな人にまで、誰も世話を焼きたいとは思わない。それに割く時間がもったいないからだ。指導する側も人を見るのである。

指導の受け方を心得ている人は、相手の「指導したい」という気持ちをうまく引き出すことができる。仕事をする上で、これは、頭がいいとか、仕事の要領がいいとか言うよりも大きな問題であると思う。

また、仮に、悪い指導を受けたとしても、それを自分で消化してプラスに転化することさえできる。だから、良い指導の受け方を知っている人は、どのような環境にあってもいずれ伸びる。そして、結果的に、早く自分で環境を選ぶこともできる。

周りの人が持っている良い部分を選んでどんどん吸収して、身に付けてゆくことができるかどうかは、その後の自分の成長や可能性を左右する。

良い指導の受け方を身に付けるには

(1)指導する側の気持ちを察する
(2)指導とは、「恩恵」であることを心得ている


これが、ポイントだと私は思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。