店長力 > 募集
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず近隣・無料で考える
あなたが確保すべき人員とは、「今、辞めたいと申し出ているそのスタッフさんの代わりを見つける」ことなどではなく、この年間予測数「20」をどうやって確保するかということに他なりません。

それで、実際どのように募集・確保を進めるかということに初めて進めるわけです。

ところで、今度はあなたのお店の人員調達力が問題ですね。たとえば、店頭や店内に募集ポスターを貼っていますか?

それによって、過去1年間に、何名の採用者が得られましたか?そして、それは「これ」と納得して採用した人員ですか?それとも、選択の余地もなく、不本意に採った人ですか?

既存のスタッフさんからの紹介はありませんか?最近のアルバイトの方は、応募のときには友達などと連れ立ってくることもあるのですが、いったん採用されてしまうと、なかなか友達や知り合いを紹介してくれないですよね。

たぶん、自分がアルバイトしている姿を見せたくないとか、職場の知り合いと、それ以外の友達を区別したいという気持ちの表れだろうと思いますが、そういう形式での紹介も難しくなっていますね。

後は、近隣の方のお宅に自作のチラシを投函したり、お客様にスタッフを求めていることをお伝えしてみるという手も考えられます。

以上のような方法は、すべて

「近隣調達型」かつ「無料」

の人員調達方法、ということになります。少し努力すれば、このような方法も改善する余地はあると思います。まず、これらの方法で年間何名くらい確保できるか考えてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。