店長力 > 店長候補
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは「自分が今行っている範囲」
それで、では実際にどういった点で「改善」を練習したらよいかということですが、まずは、あくまでも自分が日常担当している範囲に限って、現在実際に行っている事柄で不備や不都合なこと、あるいはもっと上手くできる部分がないだろうか、というような点を考えさせます。あくまで自分の業務範囲です。

ここでもし本人がそれ以外の面について気が付いていることや、もっと他のやり方があるとか言ってきたとしても、それには着手させないで置きます。ただ、認識として挙げておくのは構いませんので(後で指導上使えるので)どれはそれでどこかに列挙して置くように指示します。

また、日常担当している範囲、と言っても、たとえば、だれもが行う標準化された作業などの中で、

「~君はこういうやり方をしているが、おかしいと思う」とか
「こうするように決まっているのに、みんな守っていない」とか

そういう意味での指摘は除外します(これも後で使えるので挙げておくだけはいいです)。

つまり、とりあえず他者が関係するようなことは置いて、最初はあくまでも自分自身の動作や店内行動に限って「改善点」を考えさせます。

それが挙げられたら、実際に「ではどう改善するのが良いか」を考えさせ、実行させます。

この範囲では、少なくとも自分だけが考えて実行するのですから、他の人への配慮とか、全体的な整合性とかいう問題には入らなくて済みます。

ここで必要なのは主に、日頃あまり意識しないまま繰り返し行っている作業やお客様への対応手順などの中に、無数に改善点が含まれているということを認識することです。そして、先に述べたように、こういう細かな業務上の不都合や不備を特に負担なく適時修正、改善してゆく力をつけることです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。