店長力 > OJT
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OJTの対象は全業務か
教える側は、かなり理念的に、何もかも大切、どれも絶対に外せない、などと考えています。ても、では実際には、思っている通りに過不足なく指導できているかといえば、疑わしいと思います。

それほど理想的なスタッフ教育を実現できているお店は、私が知る限りあまり存在しません。

大きな企業のHPや、求人案内の記事の中でも、

「その後、配属となり、OJTによって・・・」

という表記が見られますが、こういう記述を見ると、私などは感覚的に、

「内容が明確に決まっていないのでは?」

という印象を持ってしまいます。一般的な認識としては

○ 内容が決まっていない、ということと、
○ OJTの内容は、職場で起こりうる全行為

というのは、ほぼ同じ意味だということです。そして、多くの人も職場も、

「まあ、それがOJTというものなんだよ」

と考え、受け入れているわけです。OJTを現場にまかせっきりにしていると、やることなすことすべてに、細かい指摘を繰り返すだけでほとんどの指導時間を費やしている場合すらありえます。これはむしろ、OJTすべき内容、教えるべき内容が決まっていない場合に起こりがちです。

結果的に発見された点だけを修正する

のがOJTということになってしまう。しかし、程度の問題ですが、仮に丁寧に指導した場合と、ほとんど指導を加えず自力でやらせた場合と、結果的にほとんど差異がない、というのであれば、今あわてて教えなくても、時間が解決してくれるのであればそれでいいわけです。

もちろん、全部いい加減に教えたらおかしくなるのは当然ですが、一方で、早急に教えなければならない事柄もあります。これは、指導力とか、「教え方」の問題ではありません。そもそも

漠然と、OJTの範囲を「仕事全部」だと思っていることが問題だ

といいたいわけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。