店長力 > OJT
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
周囲に知らせておくこと
指導することに慣れている人であれば、それなりのスケジュールを想定して、先を見通しながら研修を進めることができると思います。しかし、たとえば、一応の予定は念頭にあったのだけれど、既存のスタッフさんと作業がバッティングするとか、自分自身が急に別の業務が発生したために、予定通りの遂行ができなくなる、といった経験はないでしょうか。

これは、教える側が、自分ひとりで研修をやっているつもりになっているからです。たとえば、今からOJTをしよう、と思っていたのに、既存のスタッフさんが

「あ、ついさっき、もうやっちゃいましたよ」
「えー、○○さんに、やってもらおうと思ってたのに・・・」

となります。指導する側の計算どおりにことが運ばない。仕方なく、

「じゃ、これはまた今度」

となるか、もし予定通りに指導を進めるために、同じ作業をもう一度やらせるとしても、それは通常やる場合の状態ではないので、きちんと覚えられないのです。

典型的な場面をひとつ挙げると、たとえば

「いっぱいになったゴミ箱のゴミを集めて、収集所に出す」

というような作業を教えたい、と思っていたところが、直前に他のスタッフさんがすでにその作業をしてしまったために、集めるべきゴミがほとんど店内にない。となると、実際に行わせても仕方ないので、

「本当はいつもゴミがいっぱいになって困るんだよ。今はないけど・・・」

とか言いながら、「ゴミの集め方」を口頭で説明するようなことになります。ここと、ここにゴミ箱があります。ある程度、そうだなー半分くらいまでたまってたら、袋を取り出して、裏の倉庫みたいなところが収集場所だからね・・・

「分かった?」
「はい、分かりました」

ところが、次回同じ作業をしようとしたときには、

「もう、ゴミ袋交換したほうがいいですかね?」
「ゴミ箱のあけ方が分かりません?」
「袋からゴミを出すんですか?それとも袋ごと取り替えるんですか?」
「収集場所の鍵はどこでしたっけ?」

ということになってしまう。結局、前回説明したことが水の泡ということになってしまいます。

往々にして、教える側のあなたが、今日新人さんが来て、研修をしなければならないということを自分だけが知っていて、回りのスタッフさんに伝えてないとか、来る直前にその場で伝える、というのが習慣になっていると、研修はたいてい予定通りに進みません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。