店長力 > OJT
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人を育てる必要は、ある
ところが、今度は

「じゃあ、人を育てるなんてことは、考えなくていいんだな」

と思うかもしれません。私の言い方だと、それは実は半分正解であり、もう半分は不正解です。

つまり、もしあなたがまだ管理的指導に手を焼いている店長さん、というような立場なら、それは正解。つまり、人を育てることの難しさなんてものに想いを馳せているよりも、とにかくまず管理的指導に徹してください。

しかし、もう半分、つまり、すでに管理的指導はだいたいにおいて支障がなく、今時点でお店の環境も「人が育ちやすい状態」にあると思うなら、今度は「育成」について本気で考えるべき段階にあると言えます。

さて、するとまずお店にとって「育成」に目を向ける意味はどこにあるのでしょうか。

私は、お店でスタッフさんを「育成」する意味として次の4つを挙げたいと思います。

1 そのものが、管理者、上位者の役割だと思われているから
2 それが、管理者自身の他の能力をも向上することになるから
3 労働する人にとっての付加価値となるから
4 将来的な付加価値の増加になるから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。