店長力 > 陳列
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理由を考える習慣を
前に言ったように、「この商品は何個まで積めるか」といった、ごく初歩的な判断であっても、唯一の正解というものは想定しにくいものです。より幅広い意味で、特定の商品、売り場について唯一最善の陳列の方法論を決め付けることなど、はっきり言って不可能ですし、実は無意味です。

ですが、あえて唯一の正解、と言えるものを言葉にするとしたら、それは

理由が伴っている陳列は正解

ということになるのだと私は思います。つまり、たとえば

「これは、どうしてこういう陳列をしているの?」

と聞かれたときに、何らかの理由をすぐに説明できることが肝心なのです。私は、しばしば意地悪でスタッフさんにそう聞きます。すると、

「えーっと・・・」

これが第一の答え。つまり、何となく今までの経験則から並べた、ということで、聞かれて初めて理由を考え始める。これは、良くないです。

しかし、もっといけないのはこうです。

「だって、こうやれって言ったじゃないですか」
「え?マニュアル通りにしてるつもりです・・・」

つまり、理由があろうがなかろうが、それはもうそれでいいんだ、という感覚ですね。逆に、何で理由なんか必要なの?と不思議そうな顔をしたり、理由を聞いているだけなのに、その陳列自体を否定され、怒られていると思い込んだりします。こうなると陳列も仕入れも面白くもなんともないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。