店長力 > 陳列
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バックヤードは楽屋
このように、陳列の仕方というのは、ある意味で、売り場できちんと完結している必要があります。考え方としては、売り場にある商品と、バックヤードで待機している商品は役割が違うわけですね。

いわば、裏の楽屋がいかにバタバタしていても、舞台の演劇はビシッと完結している、というようなメリハリが必要なのだと思います。

ただし、今の時点で在庫として裏で待機している商品も、いずれ売り場という表舞台に立つ時がくることになります。ですから、一つひとつの商品を個別に見たときには、その辿る道筋はこうなります。

まず、納品され、在庫として待機します。出番がやってきて売り場に姿を現し、前進陳列であればだんだんと最前列の方に移動していって、ついに陳列面に出てフェイスアップされ、初めてお客様の手にとっていただき、お店を出てゆく、ということになります。

そして、バックヤードは空間的には別の場所なのですが、意識としては、売り場とつながっている、売り場~お客様に至る道と考えることができます。

この、

一つひとつの商品が辿る道筋

をよくイメージしてください。特に、その在庫が売り場に出る瞬間、つまり「出番」とは、タイミングとしていつが最も適切なのか、と考えてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。