店長力 > 陳列
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
損切りも必要です
まず、

在庫量とフェイス数は、直接関係ない

という認識が必要です。そしてもう1つは、

見切り品を売る方法は、多フェイス展開だけではない

ということも考えてください。とりあえず、コンビニではあまり積極的に行なわれませんが、どのカテゴリーについても、ある程度の「値下げ損」は覚悟すべきときもあります。一方では毎日のように中食・日配品の廃棄ロスを計上しているにもかかわらず、加工食品や非食品に関しては「これは、まだ売れる」と思って値下げを嫌う傾向がありますが、あまり意味がありません。

心意気としては、すべて最後まで売り切るという気持ちも大切かも知れません。しかし、それは主に「陳列や発注について勉強している」限りにおいて有効性があるだけで、運営面で考えれば実際のところむしろ、

それを陳列しているスペース代がもったいない

というほうが問題が大きいと考えられます。お店を出すために、高い賃料を払っていますよね。自己物件でも同じことですが、そもそもスペースというのはコストなのです。特に、売り場スペースに対するコスト感覚は大切です。そこに何となく置いてあるその商品は、他の数多ある商品の中から、あなたのお店が特に選別して発注され、売られているものであるはずです。見切り品や死に筋が多くのスペースを占有しているのは、本当は非常にもったいないわけで、結果的に、その商品の値下げ損なんかよりよほど大きな損になる危険性が高いわけです。

もう1つ、そもそも廃棄ロスや値下げ損が発生しないようにするのは、

売り切りの段階ではなく、最初の発注と陳列の段階で考える

べきことです。要するに、後手後手になっているわけです。極端に言えば、最初の発注と、初期の陳列の設定がいい加減になっているのです。その問題を放置して、それが実際売れ残ったり、余ったりという現象を見て初めて、

「さあ、どう陳列してさばこうか」

とか考えるから、上手くいかないわけです。

もちろん、予測は外れることがあります。ただし、外れたのと、よく考えていなかったのはぜんぜん違います。予測して、外れて、涙をのんで値下げ損を出す。これは、その場では損ですが、何よりも自分の経験値を上げるには「良い損切り」になる。私はそう考えます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。