店長力 > 面接
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接時の受け答え
面接のとき、何を話したとか、どう答えた、というような「内容」は、実はあまり判断のポイントにはなりません。それよりも、その人が、物事について

「どう反応するか」とか
「どういう態度が習慣付いているか」

という面の方が重要です。それと、相手を判断する時のポイントとして、「選ぶポイント」ではなく、むしろ「落とすポイント」をはっきりしておく、ということが有効です。

実際に面接をした時に、

「この人は本当に良い」

と思えるような理想的な人というのは、ほとんどいません。結果的に、たいてい

「ベストではないが、この人ならまだいいだろう」

というような判断が必要になります。それだったら、初めからそのつもりで臨むことです。つまり、面接の時に必要なのは、どちらかというと

「良い人を見きわめる目」より、
「ヤバイ人を見分ける目」


です。そういう部分にポイントを絞った質問なり、判断なりを心がけましょう。

「表面では分からないが、隠された良い面がある」

というような判断を好む店長さんもいますが、それは往々にして願望です。また、はっきり言って、「良い人」だったら、別に誰が面接したって分かります。そういうところに判断力はあまり必要ないのです。ふつうだったら、

「まあ、別に問題ないんじゃないですか?」

という相手について、より深く判断できるところに、面接者の腕があるわけでしょう。そして、それさえ確実に判断できれば、採用はうまくいきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。