店長力 > 面接
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採用したいタイプ
もうひとつは、逆に、問題があるけれども、とにかく声量だけは十分ある、というタイプの人です。実は、この人を採用してよいかどうかは短絡的に決められないのです。

さっき言ったことの裏返しですが、声は、大きければいいというものではありません。実際には、店内での声の出し方、お客様へのお声かけのしかたというのは、かなり複雑な要素を考えなければならず、ある程度の指導と経験が必要なものです。そこで、

「大きければいいんだろう!」

という意識でいる人はむしろ改善が困難だったり、考え方に問題があったりする場合も少なくありません。

私は、実際にお声かけを指導するときには、「大きく」とは言わずに「高く」と言います。最初は遠慮がちな、小さな声しか出せなかった人も、こういうとだんだんしっかりとお声かけができるようになっていきます。

私が採用したいのは、どちらかと言うと、

最初はうまくできなかったけど、少し練習している間に、きちんとお声かけができるようになった、というタイプの人です。

ただし、いつまでもできないのは別の問題を抱えていると見たほうがよいでしょう。10回くらい練習する間に、ある程度まともなお声かけが出来てくる、というのが一番自然で、採用するにふさわしい人物であることが多いと経験から思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。