店長力 > 面接
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接する側の自分を省みよう
もちろん、ある意味では、圧迫的な、意地悪な質問は面接されている側にとっては、むしろ自分の強い意思を示したり、他の応募者との違いを際立たせたりするには恰好の材料という面もあります。だから、どんな場合でも悪いとは言えないかもしれません。

問題は、質問の内容そのものというより、実は「必要なく意地悪な質問をすること」です。つまり、たとえば初めから採用するつもりのない人に対して、または、採用するとしても、そこまで大きな責任や役割を期待しない人に対して、不要な追求をしてしまうことが問題なのだと感じます。

また、同じ質問をするにも言い方やふんいきがあるでしょう。面接する側は意図せずして横柄になりやすいものです。面接時に確認すべきことは、

相手のごく自然な反応や、考えの傾向

であって、

相手が窮地に陥った時どんな反応をするか

を見てみないと採用するかどうか決められない、なんてことはありません。

往々にして、あらかじめ「何を期待するのか」が明確になっていないとか、非現実的な要求をしようとしている場合にそうなりやすいです。前にも述べたように、あらかじめ何を期待するのか、どの業務を行なう必要があり、そのためにはどういった条件なり、資質なりが必要なのかということをはっきり想定しておくことがまず必要で、その上で、それに必要十分な会話や質問を行なうことが正しいのです。

明確な期待を持つのは適切なことですが、働く人に際限なく忠誠や貢献を求めようとするのははっきり言って雇う側のエゴであると思います。それが通用する時代ではなくなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。