店長力スポンサー広告心構え > 行動を変えること
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行動を変えること
自分がなぜ注意されているのか、その意味がしっかりつかめたら、

すぐに具体的に行動を変えてみる

ことが絶対必要だ。納得したことを「心にとどめておく」だけでは無意味なわけだ。なぜなら、注意した人はあなたの「行動を見て」注意したのだから、参考程度に聞いておく、という程度では、相手からすれば何の効果もなかったということになる。それでは、理解も納得もされたとは思えない。

それも、言うなれば、「それと分かるように、かなり派手に」行う必要がある。人間、これがなかなかできない。

やりすぎて不自然だとか、迷う必要はない。もともと、逆の意味で不自然だったから注意されているのだから。それを多少修正するくらいの気持ちでは、客観的に見て良い状態には全然届かない。

中途半端な改善だと、相手にしてみれば、

「せっかく注意したのに、その程度なのか」

という気持ちになるだろう。つまり、相手はそれによって

あなたに注意をした場合の効果の程度を測る

わけだ。当然その効果の程度が大きい人のほうが、「指導してやろう」という気持ちになる。だから、注意されたことは、「今度からもう少し良くなるように」改善しても無意味だし、認められない。良い学習者はそれを知っているわけだ。だから、

「ちょっとやり過ぎだよ」
「いや、そこまでしなくてもいいよ」

と言わせるくらいが丁度いい。

「まあ、前よりは少し良くなったかな」

などと、おざなりに言われた時は、本当はかなりヤバいと思わなければならない。そんな言葉を額面通りに受け取っていると、たぶん、あなたはだんだん注意も指導もされなくなり、相手にされなくなる。そうなってから

「不公平だ」
「ちゃんと教えろ」

などと言う人がたまにいるので困る。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。