店長力スポンサー広告店長候補 > 留守番している時の状態は、未来の店長像
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留守番している時の状態は、未来の店長像
上で述べたように、単なる留守番という以上の意図を持って「代行」する機会を得れば、実践的なテクニックを身に付けるだけではなく、結局は「店長になる」「店長として仕事をする」とはどういうことかを知るきっかけにもなります。

そして、今まで事実上「指導側の監視下」でしか仕事していなかった状態を卒業することもできるわけです。こういう機会を得て初めて、実際に自律的に仕事をこなせる、自分で仕事を進められる人になってゆくわけですね。

法人などで雇われ店長さんとして仕事する場合には特に当てはまりますが、店長になるということは、ある意味では「一つのお店を、ずうっと留守番している」という状況と同じことだとも言えます。

ただし、店長候補さんが、実際に店長を任された場合、それが「単なる留守番」レベルの仕事に留まるか、今まで述べたような意味で「留守番以上の足跡」を残せる仕事をするか、というのは決定的に異なります。

事実、実際に店長という肩書きが付いても、留守番程度の仕事だけで足りると思っている店長さんはたくさんいるのではないでしょうか。毎日、最低限の決まった作業をこなすことに終始しているような店長さんがいるお店は少なくないように思います。

そういうお店は、それなりに回ってはいるのですが、見渡してもそこに店長さんや、他のスタッフさんの「足跡」がほとんど発見できないのです。それは店内の清掃状態、また商品の陳列、それに働いている人の声や表情に至るまで。

商品にしろ清掃にしろ、スタッフさんたちの接客や表情、態度にしろ、

「この店は、行き届いているなあ」
「この店は、こういうところに力を入れているんだなあ」

と実感できるお店もあります。そういう部分というのは、つまるところ店長さんの「足跡」つまり「積極的な努力の跡」なのです。

ただ留守番しているだけの店長さんだと、別に著しい問題点がないとしても、そういうところが見当たりません。結果、お客様から見てもすべてが「何かなおざりな」「何となくその場しのぎの」サービスにしか感じられないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。