店長力スポンサー広告店長候補 > どこかに「足跡」を残す
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこかに「足跡」を残す
もう1つ必要な観点として、仮に留守番している間特に何の問題もなく、必要な作業等もすべて順調に進み、売り場など店舗の状態もいつも通りきちんと維持できているとします。

それはそれでいいのですが、できればもう少しプラスアルファの部分が欲しいと思います。つまり、自分の留守中、

「特に何も問題ありませんでした」

というのは(もちろん、ちゃんと留守を守ったという意味では良いのですが)言い方によっては、留守中何ら自分なりの積極的な行動を取らなかった、という意味にもなります。

著しい問題はなかった、というのはある意味良いことですが、それに留まっていると不足だと思うのです。簡単に考えれば、留守番が終わって店長なり責任者なりが戻って来た時に、

「留守中、こういうことをしておきました」

と報告できる何かを積極的に見つけないといけない。それはたとえば、特定の売り場の陳列を一から見直すことでも良いし、どこかを徹底的に掃除することでもよい、権限の範囲内でだれかに特定の作業を指導することや、あるいは、何か有効なアドバイスをしたとか、オペレーション上の問題点を発見したとかでもよいです。

つまり「特に何もありませんでした」という報告を、言わなくてもいいように、言い換えれば、何かを積極的に報告できるように、お店の中に自分の足跡を残すようにするのです。

それは、あなたの力量や意欲を示すということにもなりますが、同時に有効なのは、そういった行為があれば、それがさらにレベルの高い「指導につながる」ということです。

何か積極的な行動があれば、それを見てたとえば「そこはもっと、こうしたほうが良かったのではないか」とか「そういう視点もあるが、こちらの面も考えるべきだったろう」とか、そういう話になり得ます。

仮に「お前、そんなことしてたのか、それはムダだろ」と言われたとしても良いのです。それでもあなたは一つ進歩するわけですから。

留守番が終わって、

「留守中、別に変ったことはありませんでした」「特に大丈夫でした」

と平気で言うと、指導しようにも取り付くシマがないわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。