店長力スポンサー広告店長候補 > 店長業務を「代行」する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長業務を「代行」する
もしお店で店長が不在になるために留守番を任されたという時には、店長候補さんは「ここぞ」という覚悟で臨まないといけません。単に他に頼める人がいないから仕方なく留守番しているのだというような感覚では、結局頼んだほうの期待に背くことになります。

そこで、では実際のところ、どういう観点が必要かというと、第一に

「店長さんがお店にいる場合と同じ状態」

を目指すことでしょう。それは、たとえば売り場の状態や作業の進捗具合もありますが、同時に、いっしょに働いているスタッフさんの勤務態度とか仕事の進め方など、本当はもっと多くの面で考えることができます。つまり、店長がいて、いわば「目を光らせている」時の状況と同じになるようにすることが目標になるでしょう。

アルバイトのスタッフさんなどは、ごく自然に店長がいればそれなりの緊張感と、同時に安心感を持って勤務すると思います。それが、急に店長が不在となれば、ある人は気が抜けて集中力を欠いた勤務態度になってしまうかもしれないし、逆に、見ていてくれる人がいないので無理に自己判断でお客様に対応しようとしたり、余計な作業をし始めたりするかもしれません。

こうなってしまうとしたら、店長を「代行」しているとは言えません。つまり、店長の代わりにお店にいるということは、単に店長が普段やっている作業を肩代わりすることができるというだけでは本当は足りないわけです。

さらに言えば、もちろん目に見える作業の進捗というのも必要ですが、こういうふうにも考えられます。たとえば、

・店長がいたら、誰かに対する指導が進んでいたかもしれない
・店長がいたら、もっと改善が進んでいたかもしれない
・店長がいたら、現在の課題の解決がもっと早くなっているかもしれない

日常的な作業の進捗具合が同じだとしても、このような面での向上や進歩が、店長が不在であなたが代理でいるときには「ストップしている」という可能性があります。そう考えると、

「店長さんがお店にいる場合と同じ状態」

と本当に言えるためには、単なる表面的な作業というレベルに留まらず、日頃店長がしていることや考えていることを把握している必要があり、また、あなたがそういった面にも目が行き届くだけの意識とか、力量とか、余裕とかが必要になります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。