店長力スポンサー広告店長候補 > 留守番できる人になる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
留守番できる人になる
店長候補さんも一通りの業務を把握して、そつなくこなせる頃にはきっと、一時的にお店の「留守番」をする機会がすでにあったかもしれません。

つまり店長などの管理者が所用や休暇などで一時的にお店を留守にする際、代わってお店にいるということです。

少なくとも留守番ができるという状態は(できない、のと比較すれば)それなりに評価できることです。

ただし、一口に留守番といっても内容的にはかなりレベルの差があると思います。

まず、小売店の場合ですと留守番をするために最低限必要なこととして

・すべてのお客様対応が可能

でないといけません。つまり、そのお店が提供している商材やサービスについて全部把握しているか、一部知らないとしても、どこを見れば分かるとか、どこに問い合わせれば済む、あるいは、権限などの問題からお客様の言うとおりのサービスが実現できないとしても、代替としてどのような対応を取ればよい、というようなことが分かっていないと、実際それが発生したら即支障が出てしまいます。

逆に言えば、最低限それだけ把握していれば留守番は可能なわけですね。

ただ、もちろんそれだけだと、たとえば日頃店長さんなどが自分で行っている業務は手付かずのまま残ってしまいます。また、いつも店長さん自身が行っている作業は通常他の従業員ではできないですから、次に

・必ず行わなければならない定時業務を知っている
・通常店長自身が行っている業務を代理できる


という人でないと(最悪のっぴきならない場合は別として)実際に留守番してもらおうとは思いません。

なので、ふつうごく自然に店長候補さんはこういった事柄を指導されることになります。それは指導という面よりも、お店の運営上の都合によるところも大きいと思いますが、とにかくこの段階ではたいてい、それはできるようになっていると思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。