店長力スポンサー広告店長候補 > あるべき状態を知る
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるべき状態を知る
他のところでも書いたことかもしれませんが、店長候補さんのお店を見る「目」つまり視点を

・お店全体が、あるべき状態になっているかどうかを俯瞰的に見る

ように変えなければなりません。

ともすると、店長候補さんも現場の作業なり、指導項目なりを一つひとつ提示されて、それをクリアしてくる過程で、お店の仕事というのは「作業の積み重ね」であり、必要なスキルも「一つ一つ積み上げていけばいい」というような感覚でいるかもしれません。

比較して考えると、たとえば端的に言うと、アルバイトさんにとってお店の仕事というのは、

・今日、勤務中にどの作業とどの作業をやったか

ということでしかありません。逆に言うと、自分がやっていない範囲の事柄は全く関知しないわけですね。

アルバイトさんだとほとんどの場合、当然にそのような感覚になりますが、店長候補さんがいつまでもそれと同じような視点しか持ちえないというのはまずいと思います。

実際の店長さんの仕事の中身を考えれば分かりますが、管理的な立場に就けば、本人が今日「何と何をやった」というような話は意味をなさないことは容易に分かります。

もちろん、たとえば店長さん自身がレジに立ったり、自ら商品整理をしたり、掃除をしたりするという場面はいくらでもありますが、それは「やっている内容」は同じでもおそらく視点というか、感覚がまったく違うと思います。

店長さん自身にとっては、ある作業を自ら行うというのは、管理上の選択肢の一つに過ぎません。たとえば、同じ結果が得られるのであれば同じ作業を他の人に指示してやってもらうという選択もあるし、比較的緊急度が低いのであれば「後回しにする」あるいは「やらない」という選択もあり得ます。

アルバイトさんなどの場合は、こういった意味での判断をする権限もないし、そもそもそんな視点を持っていないので、基本的に「やれと言われていることをやる」しかありません。そこに

「これはさして重要でないから、今やらなくてもいいのではないか」とか、
「これよりも、今はあっちの方をやるべきじゃないだろうか」とか、

そういうことを自律的に考えることが基本的にはないわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。