店長力スポンサー広告店長候補 > タイプ1とタイプ2
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイプ1とタイプ2
指導要領も終盤となってきました。ここまでの各章を踏まえて、店長候補さんも少しは「それらしく」なってきているものと期待します。

もちろん、指導側から見ればまだまだ半人前だと思います。指導内容に限っても、まだ不十分だと思える個所が多々見られることと思います。

一番初めの説明で述べましたが、私はいわゆる店長候補さんというのを

タイプ1……今すぐ店長としてお店を任せてもたぶんなんとかやるだろう、と思えるような人
タイプ2……内面的にはアルバイトさん程度の意識しか持っていないように見える人

と区別していました。その区別上で言えば「それらしく」なると言うのは、指導前はタイプ2だったけれども、少しずつタイプ1っぽく近付いてきている、というように見えるという意味になるだろうと思います。

言い方を変えれば、本来「店長候補」と呼ばれるにも一定のスキルや前提的な心構えや知識が必要であるはずですが、タイプ2の人というのは、実はそういう前提を何も持っていないまま雇用上の、またはそのお店の制度上の位置付けとして店長候補と呼ばれてしまっているだけで、実質的には店長候補と言える段階に至っていない人であるとも言えます。

つまり、ここで行ってきた指導というのは実は、店長候補さんが店長になるための指導、というよりは、それ以前の段階にある社員さんなりアルバイトさんなりが、実質的に店長候補として立つための前提的な指導です。

ここに至って、その人は初めて事実「店長候補」と呼ばれるに相応しいレベルに至ったという感じではないでしょうか。

通常、お店でいくら現場的なオペレーションに習熟したところで、タイプ2の人はずっとタイプ2のままであることが多いと思います。そこを、何とかできないものかと考えたのがこの指導要領です。

そんな観点で、店長候補さんを眺めてみてください。

あらためて該当の店長候補さんを見て、少しはタイプ1のように見える、と思えれば指導は成功と考えてよいと思います。

逆にもし、部分的に少しは向上したところも見えるが、しかしやはり彼はタイプ2にしか見えない、というのであればこの指導は成功とは言えないでしょう。そして、もしそうならば、何が不足なのかを、この指導要領の各章、各節の中からもう一度探していただければ、きっとヒントが見つかるものと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。