店長力スポンサー広告店長候補 > 自分の意思で指示できるか
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の意思で指示できるか
最初は、店長さんなどが当然に指示を出す必要があると思うタイミングで、まさに店長候補さんに「指示して」これを行わせるという状況が多いと思いますが、だんだん、店長候補さん自身が自分で気が付いて適時必要な指示事項を発見できるようになればいいと思います。

ところが、単に業務連絡的な指示なら差して問題は生じませんが、往々にして、慣れてくると店長候補さんは自分で気が付いた「注意」というか「指摘」というか、そういうものを指示として発するようになると思います。

典型的には、たとえば

「最近、商品の在庫整理が乱雑になっていると思うので、各自作業後はきちんと確認して、きれいにしてください」

みたいな内容の指示を出したりします。

もちろん、むしろそれがまったくなかったら逆に問題なので、それは自分の意思でできるようにならないといけません。もし店長候補さんがいつまでたっても「指示されない限り何も指示しない」というような状態の場合は、自分なりに日常的な発見や、問題意識を告知したり、指示として発信したりすることが積極的にできるよう誘導してあげることが必要でしょう。

ただ、そうなると余計に都度の不徹底や反発といった状況が生まれやすくなります。

たとえば

「自分だってそうじゃないか」とか
「なんであなたに言われなきゃいけないんですか」とか
「そんな細かいこといちいちうるさい」とか

仮に、そのような反応があった時にどう対処するか、または、そもそも反応を見て、その指示は適切だったか、それは必要だったのか、とか、そういう面も考えることができれば店長候補さんにとって良い学習材料になります。

同時に、このように店長候補さんが自分でどんどん指示なり指摘なり注意なりを発信できるようになっていくと、前に述べた「店舗内での立場」という問題にも影響が出ると思います。

つまり、店長候補さんがいつも日常的に指示を出したりする状況というのは、配下のスタッフさんたちから見ればその人はもう「店長代理」のような存在であると認識せざるを得ないわけで、そこで出てくる問題は、突き詰めて言えばその店長候補さんが仮に「店長」となった場合に配下のスタッフさんに対してそう接するか、というようなこととほぼ同じ意味になるでしょう。

ここで実際に経験させたいのは単に指示事項を徹底させるためのテクニック的な事柄だけではありません。

すんなりといけば良いのですが、ここで支障が出てくる人の場合は、結局

「自分の立場を周囲に対して明確化できていない」
「アルバイトさんなど、少なくとも将来自分が管理、指導しなければならないような下位者に対するコントロール力、グリップ力がない」

という致命的な問題を解消する努力が必要になります。これを学ぶための「指示だし」練習なのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。