店長力スポンサー広告店長候補 > ありがちな問題を経験する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがちな問題を経験する
たとえば容易に想像がつく問題を挙げると、まず

1 指示の内容が曖昧だったり、間違いや矛盾を含んでいたりして出された方が混乱する

というような状況があり得ます。これを適時修正したり、補ったりすることも店長候補さんが行います。

次に、

2 指示内容に対して反論する人や、自分なりの意見を述べる人がいる

可能性があります。それに上手く答えられる必要があり、内容によっては指導側の手助けが必要なこともあり得ます。また、直接的に言ってきてくれる場合にはまだ対応しやすいのですが、そうでなくて、指示が気に入らない場合のらりくらりと、暗黙の抗議のような態度を示す人もいるかもしれません。こういった場合、その特定の人に対して何らかの働きかけが必要になると思いますが、それも店長候補さんが自分の仕事として行うように誘導します。

さらに、

3 一つの指示なりをした後のチェックとか、フォロー

も大切です。まず指示を「出したら出しっ放し」でその結果に対して配慮がない、ということになるとほとんど学習効果がないですし、その指示自体が実効性のないものになってしまいます。その意識を持ってもらい、実際にはどういうフォローなりが必要なのかを知る機会を作ります。

このような意味での「指示を出す場合の前提的なポイント」のようなところを体感してもらうことが先に必要でしょう。状況に応じて解説などを加えながら、慣れてもらいましょう。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。