店長力スポンサー広告店長候補 > 自分名義で指示を出す
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分名義で指示を出す
そこで、これは実際に多くの店舗などで日常的に実践されている指導方法かと思いますが、必要に応じて、本来店長さんなどが直接出すべき指示を、あえて店長候補さんに伝え、店長候補さんが代わりに現場に指示を出す、という状況を作ります。

特定のスタッフさんに口頭で指示する場合と、連絡ノートや掲示物を使って全体に指示を出す場合もありますが、それを店長さんとか、指導している人といった管理的な立場の人があえて行わないようにして、店長候補さんがいわば「自分名義で」行います。

自分名義で、というのは、つまり、本当はそれは上からの指示によって行うわけですけれども、形として、それは店長候補さん自身が自分の意思で出している指示だというようにするわけです。

前で述べたように、ここでの店長候補さんの有り様は大別すると

1 店長さんと同等、あるいは、店長さんに準じる立場として一目置かれた状態
2 むしろ通常のアルバイトさんなどより問題点が多い「批判の的」
3 アルバイトさんなど周囲の仲間と同じレベルで溶け込んでいる状態

の3つになるわけですが、想像通り、1の店長候補さんであれば、ここで出す指示はほとんど何の支障もなく受け入れられるし、おそらくだれも違和感を持ちません。

ところが、2あるいは3の場合には、いろいろ支障や細かい面倒などが起こってくることが少なくありません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。