店長力スポンサー広告店長候補 > 指示の意図を広げる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指示の意図を広げる
しかし、前に述べたように「自分の立場を明確に表明し、それを背景としたスタッフコントロール力を付ける」という観点から見た場合、指示を出すという行為はもっと広い範囲で、あるいは別の視点が必要になるように思います。

たとえばですが、一般的に店舗業において店長さん自らが配下のスタッフさんに指示をするという場合、その意図は意外に広範囲に渡るような気がします。

前述のような意味での指示ももちろん必要なことがありますが、おそらく店長さん自身にとっては、そういう範囲での指示だけではスタッフさんをコントロールできないと考えていることが多いと思います。

おそらく多くの店長さんにとって、指示というのは同時に「指導」であり「躾」です。逆に言うと、店長さんなどの立場の人というのは、実質的には指導すべきことやモチベーションの向上、または業務上の意識や考え方などの方向付けや修正、改善などを「指示」という形を通して行うことが多いと思うのです。

こういう認識と比較してみると、単に作業の進行に支障がないようにとか、知らない作業方法を教えてあげるとか、そういう範囲で適時指示が出せるというだけでは、まだまだ十分ではないように感じると思います。

そこで、実践面でできることとして、アルバイトさんなどに「指示を出す」際の注意点や、その意味について理解を深めることが効果的かと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。