店長力スポンサー広告店長候補 > 先手を取る
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先手を取る
ここで教えること


■ 真の課題を発見する

いったん、本人から見て「とりあえず気付いた点は大方修正された」というような状態にします。言い換えれば、

・これで、現状特に問題ない状態になった

ということです。実はここで集中的な指導が必要な場面になります。つまり、表立った問題がとりあえずなくなって、別段何もない、というような状態になって初めて本当の問題が見えてくる、あるいはそれに着手する余力が生まれる、という認識を持たせます。

ここで、その取っ掛かりとして先に店長候補さんが挙げていた「不満点、特定のスタッフさんの作業方法や勤務態度、あるいは現状のルールで気になるところ」といったものをもう一度吟味することもできます。先に分類して

・そのまま保留

としたような問題をあらためて取り上げることもあり得るわけです。それが、最初それを挙げただけでは単なる不満、個人的な感じ方、という域を出ないものであっても、実はそこに店舗のレベルを大きく向上するヒントが隠されているかもしれません。

それと絡めつつ、指導側が店舗の運営状態を俯瞰的に見た場合の問題点などを解説していきます。つまり、店長候補さんが「問題だと思ってもいないようなところに、本当の問題があるのだ」というような話を継続的にします。

ここでの話は、前章で話した「上位者の目線」「店長などの視点」という話しと内容的に重複するはずですので、それとの関連で理解を深めてもよいでしょう。

そのようにして、相談しながら現状を分析して「課題」として特定していきます。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。