店長力スポンサー広告店長候補 > 同じことを2回聞かない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じことを2回聞かない
指導すべき項目 「同じことを2回聞かない」

■ ここで教えること

□ 慎重に質問する習慣を付ける

指導している側の人に対する「質問」にある種の制限を付けます。つまり、意味の薄い質問や、自分で調べればすぐに解決するようなことを安易に尋ねることができない状況を作ります。

意識の薄い人の場合は、口頭での質問を一切禁止して、すべて書面で行う方法もあります。

※ 今までのように、何でも思い付いたままに質問することができなくなるため、多くの場合こうすると本人は質問する内容について慎重に考える習慣を付けざるを得ません。

通常の業務報告など、本人の意思に関わらず定期的に発生する機会を用いてここでの指導を行おうとすると、業務の思考の都合上どうしても不徹底になったり、本人の意識に変化が見られないからといって受付を拒否したりすることが難しくなります。その点、質問は本人の意思に基づいて、本人のペースで行うことができることなので指導しやすいと思います。

※ ただし、この方法では、まったく質問をしなくなり、結果指導の進捗が止まってしまうことも起きますので、放置してはいけません。むしろ、内容は別として気分的には余計な緊張は解き、いつでも安心して話すことができるような雰囲気を作ってあげる必要があります。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。