店長力スポンサー広告店長候補 > コミュニケーションの意図を意識する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニケーションの意図を意識する
「使い分ける」と言うと、すぐ「建前と本音」というような分け方をイメージしやすいと思います。たとえば、勤務中はあくまで建前、仕事なのだからあくまで仕事として割り切って話す。飲み会の時は、仕事を離れて本音で話してもいい、とか。そういうふうに考えるかもしれません。

でも、実際にはそれはちょっと違っていて、実社会でのコミュニケーションは建前、本音と二分できるほど単純ではありません。

そこで、まだ未熟な店長候補さんにとっては、今しているそのコミュニケーションの意図、目的は何なのか、というところを意識するとよいと思います。つまり

「今、なぜこの相手は私と話しているのか」
「なぜ、今この人たちはここに集まって話すのか」

という点を意識的に明確にするということです。

仕事上のコミュニケーションというのは、たいてい背後に比較的はっきりした「目的、意図」があります。それを的確に把握していれば、それに見合った内容と態度を選ぶことはそれほど難しくありません。

店長候補さんという段階では、そもそも、まずそういうことをまったく気にもしていない、という状態があり得ます。それが一番問題なわけで、自分なりに意図や目的を持って話すことができるなら、よほどのことがなければ自然に状況に応じた話し方ができるようになるはずです。

また、同じように相手の意図や目的を把握する意識があれば、何を話していいのか悪いのか、というような判断も次第に的確にできるようになるはずです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。