店長力スポンサー広告店長候補 > 百点満点の質問を目指す
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百点満点の質問を目指す
これは店長候補さんに直接考えてほしいことですが、日頃、いつも同じお店の中にいて、ずっと一緒に仕事をしながら指導してもらえるような状況が当たり前だと思っていると、あまり考えないかもしれませんが、たとえば仮に、ここでの指導はもうこれで終わりになるとして、最後に「あと1個」だけ何か質問してもいいよ、と言われたと想像してください。

この時、あなたは一体何を質問すべきですか?

実際これはなかなか答えにくい問題だとは思いますが、少なくとも言えることとして、仮にこのような状況があったとして、その時にまさか

「これの受付ってどうやるんですか?」とか、
「この作業もう少し早く終わらせるにはどうしたらいいですか?」とか、

そんなこと質問しようと考えるでしょうか?

もちろん「今日何曜日でしたっけ?」もあり得ませんよね。

要するに私が言いたいことはこうです。店長候補さんが指導上で何か質問する時には、その質問すること自体を自分で良く調べ、自分なりにこれ以上ないというくらいによく考えを練り、実際のオペレーションの中でもそれを何度か試行錯誤というか、自分の考えを試してみたり、実際にできなくても、それをやった場合どういう影響があるか想像してみたり、そして、そもそもその質問を今することにどれほどの意義があるか、自分は今それを問題として捉えているが、その問題意識自体正しいのかどうか、といったこともよく反省した上で、

「よし、これこそ質問してやろう!」

という意志を持って、初めて堂々と質問できる。それくらいの質問じゃないと、相手に失礼だし、まともに答える気にもならないし、よって評価も得られない。つまり店長にはなれない……という話しです。最終的には。

今すぐにそれは無理でも、いつかそういうレベルの質問をぶつけられるような実力と、それなりの学習や準備をしていくこと、結局、今されている指導というのはそのための指導だと考えることもできるわけです。いわば

「最後の1個の質問に至るため」に有効な質問をしてゆくこと。

それ以外の安易な、脈絡のない質問はすべて「愚問だ」と認識することです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。