店長力スポンサー広告店長候補 > 意味のある質問をするには準備が必要
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意味のある質問をするには準備が必要
少なくとも、そういうまったくの愚問というか、もっとはっきり言えば「無為に時間を費やすような行為」を平気で続けていられる神経は矯正しなければなりません。

次に、これより少しはまともなのが、実際のオペレーション上のことを尋ねるという状況ですが、これも、単に

「これのやり方が分かりません」
「これは、どうやるんですか?」

というのでは「レベル1」です。つまり、聞くだけマシだけど、ただそれだけ、です。

なぜなら、この手の質問に対する答えは、ほとんどの場合すでにマニュアル化されているか、掲示物や連絡文書で確認すべきことか、あるいは、自分でインターネットなどで調べればすぐに分かることか、だからです。

もちろん、現場的に、作業の流れの中で「ちょっと聞いちゃったほうが早い」という場面はいくらでもあると思います。だから、つい無頓着にそういう質問を周囲に投げてしまう可能性はあります。しかし、たとえば、

「何か質問があるか?」

と言われた時や、そうでなくても、指導してくれている人がわざわざ時間を取って話してくれているという状況で、質問すべきことがその程度のことしか思い浮かばなかったら、全然ダメなのです。

でも、店長候補さんの中にも、この段階にとどまっている人は多くいると思います。このタイプの、というかこのレベルの人に共通して一番問題なのは何かというと、それは安直さです。つまり「質問をする」という機会を得た時に、何の事前の準備もしていないことが一番問題だと私は思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。