店長力スポンサー広告店長候補 > 店長候補さんがすべき質問は
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長候補さんがすべき質問は
前で述べたことは、まあ言ってみればごく当然のことで、単に人員としてのレベルを質問という側面から区切ってみただけのことなのですが、ここで私が言いたい問題は、このようにレベル分けしたとして、じゃあ

今その店長候補さんが指導者に対して、どんな質問をしていることが多いか

です。それを注意して確かめると、だいたいその人の現状のレベルや、指導内容の習得具合がよく分かると思うのです。

また、その点を本人に意識させることで、発言という側面から、意識の向上につながる可能性もあると思うわけです。

この観点で、前で述べた質問のレベルみたいな点を振り返ってみると、まず、店長候補さんが、休憩中などふとした空き時間に

「そう言えば、この間こんなお客さんがいた」とか
「こういうことが起こって、大変だった(または、面白かったとか、びっくりしたとか)」

とか、そういう雑談めいたことを言って騒いでいる状態。これはもう何というか、私から見るとすでに許し難い状況というか、いわば「レベルゼロ」みたいな評価にならざるを得ません。

まずその事例について何の問題意識もなく、ただの経験として話している、そこに指導を受けている立場としてどうしようもない「鈍さ」を感じます。

しかし、だからと言って、その事例を取り上げて

「あれは、こういう対応で良かったのでしょうか?」
「あの場合、どう対処するのがベストだったと思いますか?」

というような質問をしたとしても私はまったく評価しませんけど。なぜならば、そういうのは単なる一事例の知識を得るに過ぎず、ほとんどの場合それ以上に何も活かされない「愚問」だからです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。