店長力スポンサー広告店長候補 > 質問する事柄が、能力を表している
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問する事柄が、能力を表している
これはある意味当然ですが、社員アルバイトを問わず、お店の中でそれなりに仕事ができると一目置かれているような人や、リーダー格の人というのは、店長さんなどと日常話す中でも、たとえば

・現状のオペレーションで、ここはどうしてこうなっているのか
・特定のあのスタッフさんの動きには、こういう問題点がある

というような面で、店長さんに意見を求めたい、自分の意見をどう思うか聞いたいという時に質問をする傾向があるように思います。

内容は、必ずしも店長さんの問題意識と合致していない場合や、本人の主観や思い込み、非難の気持ちなどが入り混じっている場合もあって、単純にハイレベルとは言えないまでも、それにしても、そもそも店長に聞きたい内容というのがそういう「運営上の問題」に近いことが多い。

そういう質問をされれば、店長さんも運営上の自分の考え方などを話すことになるでしょう。

しかし、そこまで行かない人は、たいてい質問する場合は

・オペレーションで分からないところ
・イレギュラーな対応や、判断できない事例について

が多くなります。つまり、お店どうこう、でなくまずは自分が作業する上で困らないために質問するわけです。

前提として、こういう質問では「店長さんなどの考え方や方針」のようなものを聞ける機会につながりません。

本人の意識の問題でもありますが、別の見方をすると、仮に本人なりの向上心や責任感があったとしても、そういうので時間を費やしてしまっていると、先に述べたような運営上の質問や、単なるオペレーション上のことを超えた面の会話をする時間がこの人には残されていないので、そのレベルからいつまでたっても脱することができないとも言えるわけです。

それだけならまだしも、ここで私がいつも思うことは、このタイプの人は一つひとつをその都度いちいち人に聞いて知ろうとする傾向があるということです。仮に、そうやってすべての業務を習得しようとすれば果てしない時間が必要になります。だからたいていのお店にマニュアルというものがあり、たくさんの連絡文書がある。それらを利用してくれれば、このタイプの質問の頻度は激減するはずです。でも、そのことには無頓着で、自分が思い付いた範囲で、聞いて済ませようとする。

その結果、

「それはここに書いてあるでしょ」

という答えが多くなります。これを何度も繰り返されると質問されている側がいい加減うんざりしてきます。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。