店長力スポンサー広告店長候補 > 話し方は自分の「立ち位置」を決定する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話し方は自分の「立ち位置」を決定する
店長候補さんはたいてい、お店の中で常に指導される側にいますので、その前提でのコミュニケーションが多くなります。それはそれで仕方ないのですが、少し注意しなければならないことは、結局、最終的にその人は店長とか、そういう立場になるという予測の下に指導されている、ということを忘れないようにすることです。

たとえば素直で、従順で、こちらの言うことを何でも「はい、はい」と聞き従ってくれるような人、悪い言い方をすれば、ある意味、自分に自信がなくて、上司に頼り切りで、態度がかなり卑屈な人、こういう人は、ある意味では最初の内、一生懸命指導を受けているように思える場合があります。

もちろん、下手にプライドがあって、自分の考え方ばかり主張し、手落ちや不足があっても正当化するような人、たとえば、こういう人に教えるよりははるかに楽ですので、むしろ前者のほうが指導の効果が高いように感じるのです。

しかし、最初はそれでも構わないのですが、危険なのは、その状態が固定してしまうと、そういう態度や言動が身に付いてしまうということです。

つまり、話し方に限らず、その人はおそらく今「店長候補さん」という立場にいる場合に最適であるようにどんどん調整されてしまう危険性があるわけです。

これは実はけっこう問題で、ある程度業務を習得して、それなりに成長してきたかな、と思っていた店長候補さんがある段階で急に伸び止まってしまうように見えることが少なくないのも、この辺りに原因があるように思います。

結局、このままでは、その人は店長候補さんとしては良いほう、頑張っているほうだ、という評価は得られても、店長にはなれない可能性が高いのですね。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。