店長力スポンサー広告店長候補 > 自分のスタイルを身に付けさせる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のスタイルを身に付けさせる
一朝一夕にはできるはずもないことですが、最終的に、というか、実際に店長という立場になるまでの間に、その人なりのビジネスシーンでの「発言の仕方」や「話しぶり」というものを一定のレベルに引き上げておきたいところです。

ですから、この章で特に「言葉」という側面を取り上げて意識付けることと同時に、これについては今後も継続的に都度指導、指摘していくことが必要だと思います。

しかし、単に指摘を繰り返すだけでは問題点の補正ばかりに目が行きます。ある意味、こういった問題は細かい点をあげつらえば無数に指摘点を見つけることができるものですので、それを続けても効果は薄れてくるでしょう。

だから、細かい修正を続けると言うよりも、その店長候補さんなりの許容されるレベルでの「スタイル」のようなものが出来上がるまで見届けるつもりで指導すると良いと思います。

単純に言えば、見ていて「これくらいなら、まあ人前に出しても恥ずかしくないな」と思える状況になれば一定の効果があったと考えられるのではないでしょうか?

考えてみると、最初のほうで述べたタイプ1の人、というのは多くの場合、実際のオペレーションどうこうの前に、話し方や発言する内容がすでに「それなりのレベル」であることがほとんどではないでしょうか?

逆に言えば、採用段階で、たとえば「この人はすぐにでも店長として働けそうだ」というような期待を持つのは、その人の話しぶりによるところが大きい。ただし、その印象が必ずしも実際に店長としての実務に耐えうる力があることを保証はしませんが……しかし、少なくともそう期待させるようなことを、期待させるような口ぶりで話す。

そういうタイプの人はつまり、実際のオペレーションや業務の問題とは別に、すでにそういった面での自分のスタイルは身に付けている、つまりビジネスシーンでどういうふうに発言し、どう振舞ったらよいかということがすでに分かっているわけです。

実際の仕事がどの程度できるかという問題ももちろん重要ですが、お店で単に作業レベルのクオリティを追究しても、こういった部分の向上には直接結びつきません。多くの店長候補さんは、このことに気が付いていないのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。