店長力スポンサー広告店長候補 > 言葉に現れるもの
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉に現れるもの
ところで、念のため、今までの指導項目を振り返ってみてください。今指導している店長候補さんの、言葉遣いや話し方といった面で気になる点があるとき、それを単に指摘するのではなくて、できれば「それがなぜいけないのか」「それがどういう問題を意味しているのか」ということを、今までの指導項目に関連付けて説明するようにしたらいいと思います。

たとえばですが、

「いつも自信がないような、自分を卑下するようなものの言い方ばかりする」

ということが気になる場合には、単に「もっと、はっきり、自信を持ってしゃべれ」と指摘するだけではなくて、

1-1 全力を出す
1-2 良い学習者になる
1-3 しゃしゃり出る

といった、すでに学んだはずの項目の中で言われている内容との「不一致」あるいは習得の「不足」として指摘できるわけです。たとえば

「あなたの話し方だと、自分の全力を出し切ろうという気持ちが(もしあったとしても)伝わらないよ」

というように説明することもできますし、

「良い学習者というのは、自分の状況を相手にはっきり伝えることができるものだし、指導を受けたいという意思をはっきり示すこともできる。そのためには何をどういうふうに話したらいいか、よく考えなければならない」

と言ってもいいかもしれません。

このように、単に話し方を変えろと言われているだけではなく、そもそも、この段階に至るまでの部分を言葉や発言として現わそうという姿勢を身に付けさせるように誘導すれば効果的だと思います。

これは今までの振り返りという意味と同時に、先ほど述べたように、自分の意識や態度、また、具体的な指導内容の習得具合を示すためにも、それなりの言葉や、発言の仕方を選ばなければいけないんだ、ということを理解させる意味もあります。

たとえば、本人なりにはもうこれは習得できていると思っている内容でも、実際に話している中でそれと不整合なことをいつも口にしていたりすれば、あらためて理解の浅さを認知して反省することになるはずです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。