店長力スポンサー広告店長候補 > なぜスピードが大切か
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜスピードが大切か
たとえば、入ったばかりのアルバイトの新人さんに求められるような意味でのスピードというのは、要するに今覚えた作業を、なるべく早く終わらせなさい、というような意味ですね。

店長候補さんが、それと同じような意味でスピードが大事、などと思っているだけではもちろん認識が足りないのです。

たとえば、一つひとつの作業について早い、遅い、ということだけを考えれば、アルバイトさんの中でもベテランの社員や、店長さんよりも早い、という人はしばしば存在します。

コンビニで言えば、店長さんより早くレジが捌ける人はいくらでもいるでしょうし、商品出しにしろ清掃にしろ、同じことです。

そういう次元でスピードを競っているだけではダメなのです。もし、スピードと言われて作業とか、たとえばコンビニだったら「早くレジを打つこと」とか、納品された商品を早く売り場に並べることとか、そういうことしか思い浮かばないとしたら、その認識を修正しないといけないでしょう。

でも、今述べたことは、実はこれはどこでもしばしば言われることで、むしろ

「単に作業スピードを競っていても仕方がない」
「作業だけを考えれば、若くて体力もあるアルバイトさんのほうが早くて当たり前だ」

というような話はどこでもよく聞きますので、言われなくても分かってると感じる人も多いと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。