店長力スポンサー広告店長候補 > ひとつの作業を書いて洗い出す
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつの作業を書いて洗い出す
たとえば精算という作業を選んだとして、店長候補さんには、ここまでのように「あらかじめ決まった通りにきちんとやる」という視点ではなくて、「今やっている手順は妥当か、問題はないか、もっと工夫できる余地がないか」と徹底的に考えるという視点で取り組んでもらいます。それがここでの練習です。

それで、私はもともとある段階でこのような練習を行うことを念頭に置いているので、他の業務はマニュアルをあらかじめ読んでもらいますが、精算業務についてだけはあえて「口頭の説明」だけで教えておきます。

すると、まず本人は口伝である程度の流れを把握しつつも、特に問題が起きない範囲で細かい部分に関してはあまり深く考えず流れで実行します。もちろん、大きな支障が生じるような手順を行っていればそこは先に指摘しますが、大方、本人が自然な流れで行うに任せます。

で、この段階で今やっている作業方法をあらためて詳細に書き出してもらいます。

しかし実際にやってもらうと分かりますが、まず「やり方を詳細に書く」ということ自体が、簡単ではありません。ごく大まかな「何やって、何やって……」という程度のものは箇条書きできますが、それはたいてい細かい部分では抜けていたりします。

書けと言われると「えー、実際やってみないと書けないー」などと言います。つまり、ただ単にいつもやっている通りのことを書くということだけでも慣れていないとけっこう大変なのです。

もちろん、1回で書き切れなくてもいいです。ある程度書いておいて、実際にやりながら書き加えたり、抜けている部分を指摘したりしながら、まずは「今やっている通り」のことを一つひとつの動作単位まで詳しく書き並べることを目指します。

それが一応完成したら、次に「どうしてこういう動作になっているのか」または「どうしてこの順番で作業を進めるのか」というように、手順の「理由」を考えてもらいます。今そのように行っていることには、たとえば「二度手間にならないように」とか「数えミスを防ぐために」とか、それなりに妥当な理由が伴っているはずです。

それを話し合いながら考えて書き加えていきます。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。