店長力スポンサー広告店長候補 > 脈絡のない「自分の考え」を持ち出すのは間違い
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脈絡のない「自分の考え」を持ち出すのは間違い
あるいは、逆に今まで学んだ事柄との関連性とか、指導を受けた内容との脈絡から考えて、明らかに方針と反する振る舞いをいきなり始める人。

「自分で考える」というのは、最初はだれでも「良いことだ」と思うでしょうが、実際には案外簡単ではないのですね。当然ですが、自分で考えるという意味は、今まであった指示や、指導内容から「解放される」ということではありません。

自分なりの工夫やアイディアを仕事に反映するというのは非常に有効なことです。しかし、そのためには今まで習得した基礎的な知識や技術、今まで指導要領などで積み上げられた考え方や意図、目的といったこととの関連性、整合性を踏まえた「合理的な」工夫、アイディアでなければ本末転倒になってしまうところがあります。

自分で考えると言っても、上の立場から見ると、その自分の考えというのは当然、上司や店舗や会社といった全体のあるべき方向性や重点の置き方といったことから逸れてはいけないのですから、そういった視点や制約を踏まえた自分の考え、出なければならないに決まっています。

単に「自分で考えろ」というと、そういったものとまったく無関係に、単に自分が以前から持っていた経験や、願望や思い込みをそのまま出してしまう人も出てきます。

極端に言うと、たとえば今まで指導されたことがあるにもかかわらず、それと真逆の「自分が昔からやっていたやり方」に戻してしまうとか。指導を踏まえればそんなことを求められているのではないということは自明のことのように思いますが、その辺をきちんと説明してあげないと感覚的に理解できない人も少なくないような気がします。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。