店長力スポンサー広告店長候補 > 「段取り」にも練習が必要
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「段取り」にも練習が必要
要約すると、段取りというのは今やっていることの繰り返しや現状維持のためにはほとんど必要ないけれど、今より何か向上しようとか、改善しようとか、新たな事柄を試みようとか、そういう時点では絶対必要になる、という性質があるということだと思います。

ですが、ここが指導すべきポイントとしても重要だと思うのですが、そうだとしても、実際にそれが必要な場面になって、すぐに上手くできるというような代物ではないのが厄介なところだと思います。

つまり、うまく段取りをして、その段取りに沿って仕事を進めてゆく、ということ自体、だれでも一発ですぐにできるようなことではなくて、ある程度慣れというか、その練習が必要だということです。

「段取り」そのものが一種のスキルなので、それを習得するためにはそれなりの理解や試行錯誤が先に必要だということです。

そのため、先に述べたように「今特に必要性を感じない」としても、段取りをして、その結果を振り返るというような方法論自体を習得するために日々段取りをすることは必要だということになると思います。

単に「段取りして仕事しろ」という指示だけでは、店長候補さんにとっては難易度が高くなる上、それが今やっている業務に役立っているという実感も持ちにくいので徒労感も大きくなると思います。

なので、認識として、ここまで述べたような意味での必要性を話して自覚を持ってもらった上で日々の業務に取り組むなら、ここで習得してほしいことはクリアできると思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。