店長力スポンサー広告店長候補 > 「段取り」が必要な人ほど「段取り」できない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「段取り」が必要な人ほど「段取り」できない
周囲でもそつなく業務をこなせるような人を見ていて、初めに几帳面にスケジュールとか、今日やることのリストとかを作ったりしている人があまりいないように見えます。それに、だいたいのところ、実際そんなことをしていなくても何の問題もなく日々の業務は遂行されるように思えます。

それがなぜかというと、おそらく、日常的に繰り返し行うようなことは、順番やタイミングも含めてすでに体に染みついているような感覚があるので、それをいちいちあらためて書き出したり、頭の中で反芻したりするというような行為に時間を割くこと自体がムダで、さっさと目先の作業に着手するほうが「効率的」だと。

そのように考えている人も実は多いのではないでしょうか。

翻って、たとえば店長候補さんがいて、その人に何も言わなかったら、おそらく同じように「段取りしてから仕事を始める」という気持ちにはなりにくいと思います。

その理由の一つは、上で言ったことと同じで、他人から見ればまだまだ未熟に見えるとしても、本人が「自分はすでにそれなりに仕事で来ているんだ」というように考えている場合は、いちいち段取りなんてまどろっこしいことしなくても……と、同じように考える可能性は大いにあります。

しかしもう一つ、店長候補さんなどに特有の問題として、そもそも、それなりに有効な段取りのためには自分がする仕事の全体像とか、優先順位とか、周りとの関係とかが先に分かっていなければ困難だということです。

指導を受ける立場だということは、仕事の掌握や完成度が未熟だということです。単純に言って、それでもうまく段取りできるくらいだったら苦労はないんですね。

それで、つまり通常に考えて「段取り」というのは

・仕事をすでに習得している人にとってはムダに見える
・仕事を習得していない人にとってはそもそも不可能


という面があり、それでどちらにしろあまり役に立たないように思えてしまうのではないか、と私は思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。