店長力スポンサー広告店長候補 > 何を聞いたらいいのか
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何を聞いたらいいのか
多くの人は、そうは言っても具体的にそういう事柄が発生しないと「何を聞いたらよいのか」「何を学べと期待されているのか」すらよく分からないので、質問も相談もできずにいるのです。

これは、おそらく指導要領を用いた場合でも同じです。指導要領は実際の作業やお客様対応などの行為と結びつけて習得しなければ、本人から見ると単なる読み物というか、ただ精神論みたいなことを並べて書いてあるだけのように感じても不思議ではありません。実際の仕事や、指導を行う中で常にそれと結びつけて考える習慣を付けさせないと、結局あまり意味がありません。

で、そういう場合、本人にとってみれば、あえて「指導」の時間を割かれるのは一種恐怖というか、それよりは、いつも通りの作業を繰り返しているうちに勤務が終わったほうが気が楽です。この、つい目先の楽さに流れてしまうというのも問題です。

そこで、できるとすれば、とにかく「指導をしてくれる立場の人」が同じ現場にいる間は、まずその人が今何をしているか、たとえば自身の行うべき業務に今追われているか、それとも、それほど緊急でない業務をゆっくりと進めているか、あるいは、自身は何もすることがないにもかかわらず「あなたを指導するために」お店に残ってくれているのではないか、とか、気にしてよく観察することです。

指導する側の立場で言うなら、店長候補さんが繰り返し作業に没頭して勤務時間を費やしているだけ、という状況に気が付いたら、すぐにそれを断ち切ることが必要です。

極端に言えば、通常の作業などはさっさと片付けて、あるいは、他の人に任せられる作業だったら思い切って任せてしまって、指導してくれる人のそばについて座っているだけでも、マシです。もちろん、本当にそれだけでは無策に過ぎますが、でも、それくらいの認識が必要だということです。それすらなく、指導機会を回避して毎日の作業を繰り返しているのは、いわば「最悪」です。

アルバイトさんなら、短期的にはそれだけでも繰り返しによる慣れによって多少作業効率は上がり、誉められるかもしれませんが、店長になろうという人がそんな状況では、期待されるレベルには到底辿りつくことはありません。

とにかく、少しでも学べる状況を作るには、自分がどう動いたら良いかという視点をもって勤務することが大切だと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。