店長力スポンサー広告店長候補 > 指導機会を優先する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導機会を優先する
日頃の業務のスケジュールや段取りについて、もう1点考えてほしいことがあります。それは、できるだけ「指導を受ける機会を得ることを優先する」ということです。

たとえば、普通なら店長さんとかですが、指導を乞える立場の人がお店にいて、その下で店長候補さんが勤務しているとします。すると、指導という面から言えば、店長候補さんは「いつでも質問したり、相談したり、教わったりできる」環境にいることになります。

まず、それが「当たり前の状況」だと考えているようではいけません。少なくとも、「いつでも教えてもらえる状況」にいるということが非常に特殊な状況だと自覚してもらわないと困ります。

次に、そういう場面で、その店長候補さんが「いつも通り、漫然といつもの作業を繰り返している」としたら、非常にもったいないことです。その恵まれた状況下では、いつも通りつつがなく作業を進めることなんかよりも、何か一つでも二つでも「学んでおく」ことを優先しなければなりません。しかし、実際のところ、そういう自覚を持てる店長候補さんは多くありません。

多くの場合、そういう人は作業を普通に進めていける限りは何のコミュニケートもせず淡々と作業を繰り返します。もちろん、自分なりには何か考えながらやっているのでしょうが、それは自分が今理解している程度の視点でしかないので、たいてい指導する側から見たら、そんな範囲での自己学習だけでは期待されている程度には達しようがないという印象になります。それに気が付くべきです。

そして、多くの人は何か問題が発生したときや、何か作業の進捗に支障をきたすような事柄が発生したときに、初めて「指導を乞う」ような態度になります。でも、これでは厳密に言えば「指導を求めている」のではなくて、ただ今自分が作業上で困っているから何とかしてほしいだけに見えます。

このレベルの認識で「指導を受けている」と思っている人が多いと思いますが、それは店長候補というような立場であればまったく認識不足です。つまり、「学習ありき」であるべき店長候補さんが、事実上、「作業ありき」で過ごしているその時間は、いつまでも続かないということを自覚すべきなのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。