店長力スポンサー広告店長候補 > 何事もない一日を作らない
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何事もない一日を作らない
何というか「表面的な、おざなりな」反省しかしないのなら、実際には今日一日で何かを学んだということにはならないのではないでしょうか。だから、勤務が終わってから「今日はどうだった」というのは、最初の段階の話では許されるかもしれませんが、ここまで指導を進めてきた段になってそういう意識のままでは進展がありません。そうなってしまうのは、要するにテーマが絞れていないまま勤務しているからです。

特に店長候補さんがこの段階ですべきなのは、「今日は何を学ぶのか」「何を知るのか」あるいは「何を意識的に練習するか」というようなことです。

しかも、それが一日単位で思いつきのように変わるのではなく、あるいは、そのときたまたま指摘されたような点にだけ意識が行くのではなく、指導する側の意図も踏まえた上で自分なりにある程度の継続性というか、一貫性を持つようなテーマとして認識されることが大切だと思います。

それは、その事柄自体の習得という面からももちろん大切ですが、そうすることによってお店での仕事が「単に繰り返される流れ」とか「作業の羅列」であるというような感覚から脱することができるという点がより大切です。

たとえば、そういう認識がないからこそ、都度の「今日はこんなことがあった」「今日はスムーズに行かなかった」というような反省点しか思いつかないわけです。むしろ、一日勤務していて、何の引っ掛かりもなくスムーズに作業がこなせた、というのは指導上で言えば良いことでもなんでもなくて、この段階では一日の中で、意識的に質を追求するために特定の「この作業だけはいつもより時間をかけて行おう」といった観点が必要です。

それをあらかじめ考えていたとすれば、他の作業をいつもより手際よく済ませて、もっと言えば他の作業を多少端折ってでも、その特定の業務のためにより多くの時間を確保する必要があります。

「今日はこれをマスターするぞ」とか「今日はこれに付いて納得いくまで聞いておくぞ」とか、事前の心づもりを持っていれば、いつもより時間がかかっても念入りに行うべき事柄が見えてくるわけです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。