店長力スポンサー広告店長候補 > 「今のテーマ」を明確にする
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「今のテーマ」を明確にする
お店ではたいてい、何時頃何をやるかという作業スケジュールが決まっていて、店長候補さんも特段指示等がない場合、たいていは「やるべき作業」を時間通りにこなしてゆくことに終始すると思います。あるいは、一部特殊な業務を担当したり、指導を受ける時間を与えられたりする場合でも、それはだいたい「何時頃作業スケジュール的に時間が取れるから」という理由でそこに当てはめて行うことになると思います。

まあ特に誤った考えとも言えませんが、私は、できればこういった意味での、つまり今与えられている、やるべき業務という観点ではなくて、もっと別の視点で「今日何をするか」ということを事前に考えて、勤務に入ってほしいと思います。つまり「テーマ」です。

それがないと、結局毎日あらかじめ形として存在する作業の羅列という感覚から抜け出ることが難しいからです。

指導要領でも、以前に「反省する」という点を挙げていますが、そこでは単に「振り返りの習慣を付ける」ということだけに力点が置かれています。実は、それだけでは不十分です。

たとえば、漫然と作業スケジュールをこなして「今日はスムーズに行ったな」とか「今日は時間的に押してしまった」というように結果を反省するのは言われれば誰でも一応やりますが、見ているとその反省というのは人によってはかなりおざなりで、必ずしも行かされていません。

多くの場合その手の「反省」は、その時には行ったとしても、では次に勤務するときにどうなるのかというと疑わしいです。要するに一つの問題点に対する意識の継続性が薄いので、ただ結果を振り返ってみる、というだけになりがちです。

たとえば、同じ問題点について何度も意識して、スムーズだった場合と、そうでなかった場合があるとして、では「どんな時にスムーズで」「どんな状況ではスムーズではないのか」という理由を考える人はあまりいません。

客数が通常より多くて時間通り終わらなかった、というような「理由」なら誰でも言えますが、そのような状況で時間通りに終わらなかったということが、それだけで「スムーズでなかった」ということになるのか? あるいは、そのような状況下では「誰がやっても時間通り終わらないのか?」とか。他の人なら終わっていたはずなのに、自分がやった場合だけ終わらないことがあるとしたら、それは「客数が多い」せいではありません。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。