店長力スポンサー広告店長候補 > 自分本位で考える
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分本位で考える
店長候補さんの中にもいろいろな性格の方がいて、ある意味貪欲に、悪く言えば一見すごく自分勝手というか、利己的というか、とにかく自分が早く認められて店長になろうというようなタイプの人と、逆に、現状の立場の中で周囲の仲間と仲良く、うまく付き合って行こうとするようなタイプの人がいると思います。

これは、どちらがより優れているとかいう問題ではなくて、実際には店長という立場になればどちらも必要な面があるのですが、ごくふつうのレベルの店長候補さんを考えた場合には、方向付けとしては「まず個人能力、その後で周囲との協調」というような順番が大切だと思います。

つまり、感覚としては自分の未熟さを置いておいて、今みんなと協調性を持って、みんなで頑張りましょう、みたいな考えは一見良いことのようで実はよくないということです。そうではなく「まず、とにかく自分自身の知識や技術を、期待されるレベルまで早急に引き上げないと話にならない」というような観点で、習得や向上に集中してもらいたいと考えます。

特に、周囲はアルバイトさんばかりという環境では、自然に流れればそういった人たちの意識や、実際の動きなどに影響を受けます。自分にとっての、自分のための強い目的意識と達成意欲を持っていなければ、飛躍的に向上することはできません。

逆に言えば、周りのアルバイトさんとかと同程度の業務内容で、同程度の質しか提供できない、同じような習得スピードで足りると思っている、とか、そんな意識では、いつになったら店長になれるのか分かりません。

もちろん、後の段階では単に自分のことだけ考えて作業に集中しているわけにはいかなくなります。しかし、今その時期ではありません。むしろ、店長候補さん自身が期待される一定の個人能力を身に付けて、そのレベルの視点で周囲を見られるようにならないと、本来あるべき周囲との協調とか、全体としての効率とか、あるいは、ゆくゆく他のスタッフさんを管理するような立場になるとか、そういう前提ができません。

自分の能力が十分でないということは、たとえば店舗全体のあるべき姿についての認識も十分でないということになります。また、自分の能力というのは、結果的に「他人にどこまで要求できるか」とか「他人のやっている作業や行動をどう評価するか」といった場合の基準にもなります。

例えばですが、お店をそれなりに運営するには、結局は自分一人だけがただ一生懸命やっていれば足りるという認識ではもちろんいけませんが、では、いっしょに働いている他のスタッフさんとの関係や、全体としての仕事の流れやクオリティを考えるときに、もし自分の業務能力自体が低ければ、それ以上のことを他人に要求することはできないですし、周囲に潜在的に能力を持っている人がいても、そもそも自分が無理だったら、その人の力を引き出すとか、そんなこともほとんどできなくなります。

なので、むしろ自分自身の能力の向上が結果的に全体としても質の向上や、全体の効率の上でも要になるという認識で、ある意味利己的に、貪欲にまずそれを追求する時期が必要なのだと私は思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。