店長力スポンサー広告店長候補 > 自分にとって最良でも
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分にとって最良でも
生産性とか効率といった問題に取り組もうとするとき、ふつうはどうしても「より要領の良い手順」とか「もっと斬新な方法」というように、主に「考える」ことによってそれを追求しようとすると思います。

もちろん、それ自体は正しいと思うのですが、一方で、そのように「より良い方法」を身に付けようとすれば、当然、それを行うに堪えうる体の動きというか、身のこなしというような点、また、それなりの知識とか技術といった点も同時に向上して行かないといけなくなります。

おそらく、他の業種でもある程度同じことが言えるとは思いますが、特に店舗で勤務する場合には、何でも結局は実際の細かい動作に反映されなければたいした意味を持ちませんので、よりそういう面が大切になるような気がします。

たとえば、長年そのお店で仕事をしている店長さんにとっては、特定の作業の「最も効率的なやり方」というのはすでに自明のことのように確立していることが多いと思います。つまり、自分がその作業をしようとするときには別にあらためて考えもせず、すんなりとこなすと思います。

しかし、じゃあ、それをそのままスタッフさんたちにも「やれ」と言えるかというと、多くの場合それは無理だということになります。なぜなら、その手順や方法を「知って理解しているかどうか」ということとは別に「そのやり方に耐えられる動作の要領や、そもそもの体力や背格好や腕力、それに前提となる知識や経験則といったものが、だれにでも期待できるものではないからです。

それで、たいていの場合、前提として「未だ業務についてまったく知らない、経験もない」人がいきなり行う場合でも耐えられるような「やり方」を別で用意する必要があったりします。もちろん、アルバイトさんも含めた全体としてのあり方はそれでいいのだと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。