店長力スポンサー広告店長候補 > どこで転換するか
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこで転換するか
ただし、先に述べましたが、入って間もない新人さんとか、まだ作業レベルで未完成の人とか、そういう段階の人に

「自分で工夫しろ」
「頭を使って仕事しろ」

とか、そういうふうに誘導するのは良くないと思います。ですから、私の基本的なスタンスとしては、最初のうち、ある程度のレベルに達したと認められる程度までは、自分の考えとか、工夫といったものは一切認めません。

指導要綱でも、ここまでの部分では、自分で何か考えてとか、自分なりにやれ、というような方向付けは一切行いません。むしろ、言われたことを、言われたとおりにやる。聞くべきことを聞き、正しいと言われたことを理解して、そのまま身に付けるように、いわば「押し付け」をします。これは、あえてそういう段階を踏んでいるのです。

もちろん、新しい発見や、外部の知識を取り込んだり、または、現状の問題に気が付いたり常識を疑ったり、そういうことは当然大切なんですが、それを、まだ未熟な人にまで要求するのは逆効果だと考えるからです。

実際に、お店でもよくある光景だと思いますが、そういう人が思いつきで言った意見や提案は、実際のところたいてい却下されます。なぜかというと、まだ作業の内容全体、況やその理由とか背景とか位置付けとか、そういうことを把握していない段階では、それらをまったく度外視して自分の知る範囲内だけで考えてしまうことになるからです。

また、仮にそういう人が自分なりに考えた工夫や改善の方法について「そのどこが間違っているか、どこが不足しているのか」といったことを口頭だけで短時間に説明するのは非常に難しいです。説明したとしても、その効果があるかどうかはなはだ疑問です。たとえ本人によく分かるように細かく説明しても、それはあまり有効でなく、本人は

「何か提案したところで、聞いてもらえないんだ」

という認識しか残らないと思います。それも、本人が前提的な知識や技術がないからそういう認識になるという面があるのです。

ただし、だからと言って、あらかじめ何の説明もなく単に「押し付け」的な指導だけを行うと、本人はそれが永遠に続いてしまうという風に思い込んでしまう可能性があります。それは危険です。

ですから、初めから「ある一定の段階に至らないと、意見や提案はできない。でも、その段階に到達したら、今度はそういう点が大いに必要になるぞ」という提示の仕方のほうが納得しやすく、達成意欲にもつながりやすいと思うのです。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。