店長力スポンサー広告店長候補 > 「自立」を勘違いするな
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自立」を勘違いするな
そこで、仮にふだんから何かにつけ「報告」の不十分な店長候補さんがいるとします。すると、この人は、いつまでたっても信頼関係が成り立たないままなので、いつまでたっても多くの報告を強制的に求められることになります。同時に、いくら本人がより自立的に仕事したくても、させてもらえません。

この状態を打開しないと、店長候補さんはいつまでたっても「候補」のままです。しかも、本人がそういったことにまったく気が付かずに、注意されてもなお報告の重要性について無頓着でいるなら、最終的にはもう指導を放棄されます。要するに組織の中で自立的に仕事できる見込みがないと判断されることになるでしょう。

もちろん、信頼関係に基づいて自立的に仕事ができている状態と、指導が手詰まりになって放っておかれている状態とは天と地ほども違います。

報告が来るという信頼性が将来的にも期待できないと見做されると、おそらく「報告がなくても別段支障のない業務」以上のことをさせてもらえなくなります。お店で言えば、要するにルーチンの遂行を繰り返すという範囲にずっと留め置かれることになります。

これを、ふつうに表現すれば「アルバイト以上の仕事をさせてもらえない」ということです。よほど危機的な状態だと自覚しなければならない状況です。しかし、悲しいかな、そういう状況に陥ってしまう店長候補さんは、それだからこそなのか、その自らの危機的な状態に気が付くことも難しいです。

万が一、自分がもしこのような状況にいるのではないかと心当たりがある店長候補さんがいたら、もう一度この点をよく顧みてほしいと思います。ここでは「報告」という話に引き付けて書きましたが、それを含めて、おそらくこういう状況を打開するときに必要な視点は今やっている業務や店舗に特有の知識などよりも、ふつうに新卒の人が就職して、新入社員となった場合にすぐ教えられるような、いわゆる「ビジネス上の一般常識」「仕事のイロハ」と言われるような事柄の中に多くあります。そういう本でも買って読めばよほど役に立つと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。