店長力スポンサー広告競合 > ストアコンパリゾンの前提
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストアコンパリゾンの前提
ストアコンパリゾンを導入しようとする場合、まず第一に大切なことは、

実際に課題が特定できたとして、その改善に着手する気持ちと、その力があるか

という問題です。前提として、少なくともスタッフの一部に、また、最低限、店長などの管理者、責任者レベルで「改善意欲」があるかどうか、です。はっきり言うと、もし、これがなければストアコンパリゾンはすべて不毛に終わる、といっても過言ではありません。

たとえば、あなたが大手チェーン店の中の一店舗を預かる雇われ店長さんだったとします。たまに、本部のお偉いさんが、あなたが任されている店舗に視察に来ます。または、担当の上司が巡回にやってきたとします。

そこで、たまたまパッと目についた指摘をされることがあります。たとえば

「スタッフ元気がないな」とか
「もっと売り場にボリューム出せ」とか、
または、最近本部が力を入れている特定の商品をもっと露出しろ、とか。

それで、問題は実際そういう指摘を受けたとき、それがすぐに改善されるかどうか?ということです。その改善の手順と方法は?また、それはどれくらいのスパンで対応されるでしょう。今その時点で?それとも本日中?あるいは来週頭までには?

仮に、こういった内部関係者の一見かんたんな指摘が、実際にはそのお店の改善に反映されないとすれば、当然、ストアコンパリゾンの結果もまったく反映されないと考えるのが自然です。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。