店長力スポンサー広告店長候補 > 「自分なりの工夫」を否定する
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「自分なりの工夫」を否定する
私は、ある面では制約や弊害などがあり得ることも理解していますが、基本的には初期段階の指導においては本人の「自分なりの考え」とか「自分なりの工夫」とか「意見や提案」といったものはすべて否定します。

時々、そういうある意味「強制的」「威圧的」と思える教え方に反発や不満を感じる店長候補さんもいるのは事実です。しかし、意外かもしれませんが、実際にはそういう人の割合はあまり多くありません。だいたいの人は、もちろん最初の一定の時期においてですが、言われた通りをそのままやるということにむしろ抵抗がないように思います。

私はいつも指導上は、

「自分なりの考えとか、自分の頭を使って仕事するとか、それは、もうちょっとだけ後にとっておけ」

というふうに説明します。つまり、まずこちらとしては基本となる一定のフォームというか、仕事のスタイルを身に付けさせたいのです。はっきり言って、とりあえず土台となるものがないと「お話にならない」からです。

もちろん、最終的に「店長として」「管理者として」の仕事をする時点では大いに自分の工夫とか、自分のスタイルとかを発揮してもらいたいのはもちろんです。その芽を摘むようなことはできるだけ避けたいという気持ちもあります。

ただ、それは、今話題にしているような「作業の習得」とか「基本的な意識や考え方」といったことを習得する段階で必要なのではありません。むしろ、最初の段階で細かい点について自分の意見なり工夫なりを反映させたいという願望を持つ人は習得が遅くなります。

その上、そういったある意味で「短絡的な」思考そのものが、実際に管理する立場になったときにデメリットになりやすいという面もあるので、これ自体修正しないといけないと考えます
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。