店長力スポンサー広告店長候補 > 最初は「仕事が遅い」に決まってる
いらっしゃいませ(^^)
店長の仕事を考える、コンビニ店長の店舗運営マニュアルブログです。
最新記事です。 よく読まれた記事です(8月)

セブンイレブンローソンサークルKサンクスファミリーマートam/pmjobrankingFC2 Blog RankingBiz100.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初は「仕事が遅い」に決まってる
ある程度オペレーションに慣れてくると、ほとんどの場合において次に問題になるのが「スピード」です。おそらくお店で仕事をしている人の中で、今まで一回も「遅いよ!」とか「早くしろ!」と言われたことがないという人はいないのではないでしょうか?

しかし、私はかなり意識してこれを言わないように心がけています。

もちろん、指導要領の中でも「スピード」の重要性については触れていますが、日常レベルで実際の作業をしている場面では「遅い」とか「早くして」とは言いません。

なぜなら、これをそのまま言ってもほとんど無意味だと思うからです。

確かに、すでにかなり意識や理解が十分で、自律的に業務を進められるような段階でなら単刀直入に「スピードが不十分だ」とか「お前、遅いよ」とか言うことはあります。それは、その理由や意味を自分で考えられる下地がすでにあると思われるからです。

しかし、私が考えるに、まだその作業に慣れていない人や、意識的に一定レベル未満の人に対して現場的に「早くしろ」とか「仕事が遅い」とか言っても、まず自分が遅いということを自覚できない場合があります。当然自分では、自分ができ得る最速で作業しているつもりだからです。

そして、それでも遅いと言われれば、ふつう誰でも「もっと早くするにはどうしたらいいか」ということを自分で考え始めます。つまり工夫しようとしてしまうんですね。

しかし、その結果、教えている人が想定している「最速、最良」の手順や動作からむしろ遠ざかってしまう場合が多いと思います。つまり余計におかしなやり方を勝手に編み出してしまうのです。

ですから、むしろ、最初は単に「急がせる」ことはせずに、抽象的に「スピードの重要性を頭で理解させる」ことにとどめたほうが有効だと私は思っています。それと、そもそも教える側が思う「最速かつ最良」の手順を「正しく」教えることに注力すべきだと思います。

自分なりに最速を目指すことを指示するのではなく、むしろ今はゆっくりでもいいから、

想定される最速最良の手順、動作を「正しく」身に付ける

ことに集中させるほうがいいと思うのです。そして、それとは別次元で

スピードが必要である理由

についてしっかり頭に入れてあげれば、結果的に最も効率よくスピードが身に付くのではないかと思います。
店長、店長候補、アルバイトの疑問もお気軽に。
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。